空の見える、くつろぎの空間
くつろぎの空間 パーゴラ
改修前 杉材ウッドデッキ
眺望の良い高台にあるウッドデッキの改修です。
今までのデッキをメンテナンスし改修してきましたが土台部分も一部傷み改修及び補強することになりまた。
ソフトウッドと呼ばれている杉材からハードウッドのウリンに張替え、土台の腐食している部分には防腐注入材のツガと交換し金物で補強いたしました。
ハードウッドは水よりも比重が重く、硬い木材です。その硬さが最大の違いでウリンはおおよそ50年保つと言われています。
細かな木目が大変美しく、シャープなイメージも醸し出します。無塗装の木材本来の色も綺麗ですが今後のメンテナンスも考え始めから塗装いたしました。
無塗装のままですと経年変化でグレーがかった色に変化してゆきます。最初に塗装をしていると後々、再度塗装するする際に綺麗に塗装できます。


45*90角材 横張りフェンス
改修後 全景
転落防止用と目隠しフェンスとして45*90角材を横に張りました。板材の厚みと幅があるので下からでは中が見えないようになります。台風時の強風もすき間を広めにとっているので十分に耐えることでしょう。白いプランターはFRP製で軽量かつ丈夫なモノを採用しました。高さがあるので立ったままガーデニングが楽しめ、アクセントにもなっています。ブラックのプランターも軽量なモノを採用しました。こちらはデッキに置くタイプですがキャスターがついており色々な配置で空間作りが楽しめます。