After 階段・アプローチ
 Before
既存ブロック壁の汚れが気になり綺麗にしたいというところから始まりました。
新築当時のブロック壁は経年とともに汚れが付いてきます。キレイにすると言う事であれば塗装という選択になるかと思います。
しかし今回はリフォーム後また汚れが付いたとしても味わいとして見えるスライスした耐火レンガ(古レンガ)を張らせて頂きました。
このレンガは実際、炉で使われていた物を取り壊した際に出たレンガです。新品のレンガと違い多少、角が取れていたりと色味が均一でなかったりとすでに味わいが有るものです。職人からするとどの面を使うか頭を悩ませる建材です。目地材も通常のモルタルではなく化粧目地をチューブ(ケーキのホイップを入れる三角錐のアレです。)で入れるという手間をかけ仕上げました。
玄関に向かう階段も一部狭い部分を広げ1段1段を安全に上り下りできるように配慮しました。
床の仕上げも経年変化でどんどん良くなってゆく自然石の乱形を貼り、気になるマスも化粧ハッチを利用し石を貼りました。やはりメインのアプローチ、階段にこの丸枡は見たくないです。
今後の経年変化でさらに味わい深い仕上げになるのが楽しみです。


ClipboardImage
実際使われていたレンガをスライスし既存のブロック壁に張りました。色味の幅がありバランス見ながら欠けている部分や刻印も良いアクセントになります。